老人性イボの原因

老人性イボ(脂漏性角化症)は、肌の老化にともなって発生するもので、早い人では20代後半くらいから見られ、加齢と共に増えてくるものです。80歳を超えた高齢者のほとんどに老人性イボがあると言われています。肌の老化、加齢が原因で起こるものなのですが、肌が老化する大きな原因となっているのが、紫外線の影響です。

温泉に浸かる

紫外線をずっと浴びているとシミができますが、これができるメカニズムはご存知でしょうか。紫外線を浴びると皮膚の一番上の表皮でメラニン色素が作られます。このメラニンは、表皮のさらに下の層にあたる真皮に紫外線が届くことのないように防ぐ役目をするものです。役目を終えたメラニンは、肌の新陳代謝によって押し上げられ、角質と一緒に排出されます。しかし、紫外線を浴び過ぎてメラニンが過剰に作られたり、加齢のために新陳代謝が衰えて排出が追い付かなくなったりすると、肌に残ったメラニンがシミになって残ります。これがシミのメカニズムなのですが、老人性イボができるのもこれと同じメカニズムなのです。シミが盛り上がってきたり、ざらざらしてきたりと変化して老人性イボになることがあるのです。

紫外線を浴び過ぎると、肌が乾燥してごわごわすると感じませんか。年齢が若くても、紫外線を浴び過ぎると肌は老化し、皮膚がごわごわと厚くなり、膨らんできます。これは紫外線による老化現象で、光老化と言われるのですが、これも老人性イボの原因であると言われています。老人性イボと言われるだけあって、60歳以上の人では8割が、80歳以上になるとほぼ全員にできると言われています。若い時に無茶をして日焼けを思い切りしていた場合は、老化が早まる可能性があるので、もっと早い年代から老人性イボができるかもしれません。

ある程度の紫外線は必要なのですが、浴び過ぎるのは皮膚にとって良いことは何もありません。普段の生活から紫外線対策やスキンケアには十分気を配るようにしないと老人性イボで悩むことになってしまいます。

老人性いぼはイボコロリで取れる?

首の周りや脇の下あたりに小さなポツポツができてきた、引っ張るとちぎれてしまいそうだけれど、痛そうだしできない、人目が気になるから何とかしたいと悩んでいる人は多いです。これは、紫外線の浴び過ぎや加齢による老化でできる老人性いぼの可能性が高いです。悪いものではありませんが、見た目があまり良くないので取れるものならすぐにでも取りたいものですね。

イボの治療は、自宅でするか病院に行って取ってもらうかになります。自宅でする方法は、老人性いぼに効果があるとされる化粧品を使ったり、ヨクイニン(ハトムギ)エキスを飲んだりしてゆっくりと時間をかけてイボを取ります。病院に行って取る場合は、液体窒素やレーザー、医療用ハサミを使って取りますが、どれも多少の痛みがありますし、治療方法によっては保険適用にならない場合があるので費用がかなりかかります。

いい湯でイボケア

イボの治療薬で、イボコロリが市販されています。これはサリチル酸が配合されたもので、サリチル酸の角質軟化溶解作用により皮膚の角質(イボなど)を溶解させて取り除きます。液体と絆創膏タイプがあるので、使いやすい方を選ぶことができます。一度薬をつけたからといってすぐに取れるものではありません。何度か塗り続けて効果があるものです。どのイボにも効果があるというものではなく、老人性いぼには塗るタイプのイボコロリは使えません。薬剤は皮膚の角質を溶解させるものです。老人性いぼができるところは、顔や首の周りなどの皮膚が薄くて柔らかいところですから、そこにサリチル酸を塗ると周囲の元気な肌も溶解してしまうのです。

イボコロリには、液体や絆創膏タイプの他に内服薬があります。内服薬は、ヨクイニンエキスが配合されているので、老人性いぼに効果があると言われています。ただし、即効性はなく、気長に続ける必要があります。1瓶で10日分ですが、10日で効果が出るとは限らないので長期間飲み続けなければならないかもしれません。

老人性いぼの治療は液体窒素で?

老人性いぼは、脂漏性角化症とも言われており良性の腫瘍に分類されます。見た目がシミやほくろに似ていることもあり、素人ではなかなか区別はできません。急に増えてきたから心配だという場合は、皮膚科で診察を受けてみると良いでしょう。皮膚科の医師はたいてい見ただけでわかるので、老人性いぼと診断されればまず心配はありません。

眠って

そのまま放置しておいても悪性に変わるようなことは無いので、放置していても良いのですが、見た目が気になる場合は皮膚科で治療することができます。皮膚科で老人性いぼの治療で一番に選択されるのが、液体窒素で凍結させる方法です。液体窒素をいぼにあてて凍結させます。凍傷のようになり、数日経てばかさぶたとなって取れてしまいます。麻酔も要らないので手軽で、広く行われているのですが、数回受けなければならないのと、かさぶたが取れた痕が残る可能性があるので顔面以外に行われるのが一般的です。

液体窒素での治療法の他には、炭酸ガスレーザーがあります。この治療は液体窒素と違って患部に当てるレーザーを調節できますから、根本治療が可能です。この方法なら顔面のいぼも取り除けます。しかし、レーザー治療は、保険適用にならないことが多いので費用がかかるのがデメリットです。

老人性いぼは、加齢による老化や紫外線の影響が原因と言われています。肌のお手入れに気をつけるだけで防ぐことができますし、もしできてしまっても使い続けていると自然にいぼが取れてしまうような肌ケア商品もあります。いぼにはハトムギやアプリコットオイルなどが良いと言われていますが、これらを配合した肌ケア商品があり、人気となっています。ハトムギについては、経口摂取もでき、ハトムギ茶やサプリメント、漢方薬としても販売されていますのでそれらも同時に試してみると良いでしょう。ずっと続けていると効果がみられると言われていますので、毎日の生活の中にこれらの摂取を習慣づければ簡単に続けられます。

更新履歴